スケジュール

スキルやメンタルの問題

現在の日本企業の多くは、人材の重要性を認識しているところが多くあると感じます。
経営自体が厳しかったりする中で、ひとりの人が業績を多く伸ばしてくれる、
優秀な人材であることは大切だからです。

いまは、スキルのない人間を養っていけるほど余裕のある企業が少ないということなのかもしれません。
このような社会的な情勢というのは、転職や就職にとても影響してきます。

自分にとってベストな転職のタイミングはいつか。
これは正直に言って、人それぞれなのでいつと言い切ることはできません。

それにこのようなことを言うと無責任ですが、転職をして良かったかどうかというのは、
結局のところ結果論でしかありません。
要するに、良かったと思えるかどうかは本人次第です。

しかし、良かったと思える状況に持っていくことができるかどうかというのも、
結局は本人のスキルやメンタルの問題と大きくかかわってくると思いますので、
企業に求められるような人材になりたいと切磋琢磨しているみなさんであれば、
どのような状況であってもプラスに変えていけるのではないかと思います。

逆境にあってもプラスに転換していくパワーを持っているかどうか、これが大切なことだといえます。

転職のタイミング

一般的に言えば、転職のタイミングは年齢的なことも言えると思います。
なかなか、高齢になってから新しい環境に飛び込むというのは難しい部分があるでしょう。

しかしこれも、職種や業種によって事情が異なってきますので、
一口に年齢が壁になるので転職が難しいとはいえない事情があります。

転職のタイミングでほかに影響してくることといえば、
やはりライフステージの変化だと思います。
ライフステージ、よく保険業界などで聞く言葉ですよね。

たとえば、結婚する、家を買うなどの変化がこれに当たります。
このような変化が起こると、生涯にかかる、必要なお金なども変わってきますので、
収入と直結することになる「仕事」について考える機会にもなると思います。

仕事というのはもちろん収入だけで選ぶことはできません。
人生の一番多くの時間を使うのですから、自分が興味のあること、
楽しいことをしたいと考えるのも当たり前だと思います。

しかし、好きだけで収入が得られるわけではありませんので、
その辺りの兼ね合いというものも今一度、考えてみる必要があります。

転職のタイミングは、自分で決めるものですが、
転職をしようと考えると、自分の周りがいろいろと見えてきたりもします。

転職について考える、それだけでも多くの発見があると思いますので、
実際に転職するしないはともかく、検討してみたり、
シミュレーションをしてみたりすることは、オススメしたいと思います。