引継ぎ

引き継ぎ期間

転職活動をするというと、つい「次に行く会社や企業」のことばかりを念頭に置いてしまいがちですが、
実際に働いている「いまの会社」をどのくらい大切にできるか、この部分には大きな人間性が出ると言っても過言ではないと思います。

仕事というのは、一人でできるものではありませんので、当然ながら転職したい希望を持っている人であっても、日々、多くの人と協力をしながら働いていることと思います。

まず、転職に当たって大切なことは「引き継ぎの期間をしっかりと設ける」ということ。
もちろん、退職日などは事前に決め、周知する必要がありますので、その日までにしっかりと仕事を片付けたり、引き継ぎ書を作成したり、マニュアルなどが必要であれば、これも作成しておいたほうが良いでしょう。

きちんとした会社や企業であれば、退職の意思を聞いた時点で、後任者を探すと思いますし、引き継ぎ期間などもしっかりと考慮した計画を立てると思います。

ただ、私も実際に経験をしたことがありますが、小さな会社の場合だと、なかなか後任者が決まらなかったり、新しい人材の採用が間に合わなかったりすることも多々あります。

会社の内情を考えて、退職の意思が固まった時点で早めに伝えてあげたほうが親切なケースもありますので、状況を見て伝えておくようにしましょう。

また、どのような会社であっても、通常1カ月前には退職の意思を伝えることが普通です。
たまに、無断欠勤してそのまま退職……となるようなケースも見かけますが、そのような行為は社会人として失格です。

きちんとした対応を身につけ、行動するようにしましょう。

人とのつながり

体調が悪いとか、精神的な問題でとか、それぞれに事情もあると思いますが、早め早めに相談して対策を立てていくことが大切です。

仕事はただ、業務をこなすだけでなく、人とのつながりの上で成り立っています。
その部分をないがしろにするような行為は、誰にとってもよくありません。

また、きちんと事前に報告をしておかないと、離職票など必要な書類が退職後すぐに準備されません。

離職票は会社が発行する書類ではないので、きちんと手続きをしていないとなかなか発行されなくて困ったりするというケースも出てくると思います。

退職一ヶ月前にきちんと伝えてあればそのような事態は回避することができるでしょう。

職場に私物を置いているという人は持ち帰らなくてはなりませんし、デスクやロッカーなど、会社の備品を借りていたのですから、綺麗にしてお返しするのが当然です。

人としての基本がしっかりしているかどうか、人柄というのはこういう時にこそ出るような気がします。