デスク

自分自身を振り返る

みなさんは、どんな時に「転職したい」と考えますか?

職場に不満がある時でしょうか。
それとも、人間関係がこじれてしまったからでしょうか。

スキルアップがいまの会社では叶わないと判断したから、という人もいるかもしれません。
転職はたしかに、ひとつの解決策として存在しています。

しかし、転職には「リスク」もあるということを忘れてはいけません。
「今の環境さえ変わればなんとかなる」という簡単な考えで行動すると、大失敗に終わるケースもあります。
転職を成功させるためには、冷静な判断としっかりとした準備が必要になるのです。

そのためにも、まず「そもそも本当に転職が必要か」ということを考える必要があるのです。
ここで「必要だから考えることなんてもうない!」と言い切れてしまう人は、
転職に失敗する可能性の高い人だと思います。

感情的になり、ここから出ればもっとよくなるはず、
と根拠なく信じている場合には、結局のところ、
今の状態がよくないのをすべて環境のせいにして、
自分自身を振り返ることができない人です。

そのような人は「企業が求める人材像」にそもそも当てはまらないと言えます。
客観的に冷静な判断をし、何より、転職の手順をしっかりと考えることができる、
転職を成功させるためには、そこが大切なポイントになります。

自分が変わること

転職をするべきかどうかのチェックポイントはいくつかありますが、
先ほどもいったように、まずは本当に転職をするべきなのかどうかを考えてみましょう。

まず、あなたが転職をしたいと思った「理由」はどのようなことでしょうか。
それは、転職をすれば本当に解決できる問題ですか?

何を改善したいのか、目標としているのかは人によって異なると思いますが、
まずはその一番の「理由」が叶うかどうか考えてみましょう。

それと同時に、その問題は転職によってしか解決できないものなのかも判断する必要があります。
人と話すことによって改善できないのかどうか、
自分が変わることによってどうにかできることではないのか、
転職以外に道がないのか振り返ってみることも大切です。

転職をすることはメリットもありますが、それだけに必ず「リスク」もついてきます。
自分で「転職する」と決めても、冷静にリスクを判断できていないケースもあります。

信頼できる人に、アドバイスをもらったり、
相談にのってもらったりということも忘れないようにしましょう。
独りよがりにならないことも大切です。
どんなに準備していても、転職は失敗することもあります。
失業した場合のこともしっかりと考えて準備できるのであれば、転職に踏み切るのも良いでしょう。